「文系」と「理系」をたえず横断する立花隆の探究心の大本にあるもの。本姓は「立花」でなく「橘」、戦前の水戸の超国家主義者を従兄弟にもつ。文部省職員だった父は「全国出版新聞」の編集長に。小学校低学年から家にあった書籍を手当たり次第に読み漁った。小学低学年の時に読んだ「エジソン伝」が理科系への関心のはじまり。

ぼくはこんな本を読んできた—立花式読書論、読書術、書斎論 (文春文庫)
ぼくはこんな本を読んできた—立花式読書論、読書術、書斎論 (文春文庫)

「僕はもともと科学少年だったんですよ。中学ぐらいのときには手作りの望遠鏡を覗いてたりしていた、『子供の科学』という雑誌があった、通信販売でレンズだけ売っていた。あとはケント紙を買ってきて、自分で丸め、レンズを嵌め込むわけです……それで月なんかを見ると、クレーターなどがはっきり見えて驚嘆した。
角栄研究』以降もずっと角栄支配の時代が続いてしまったため、新聞や雑誌で結構頻繁に政治のことも書いていた。それで何か権力と闘う立花隆というイメージがあったんですね、だから『宇宙からの帰還』を書いた時には、意外感を持って受け止めた人のほうがはるかに多かった。でも僕自身としては、むしろ角栄のほうがまったく意外な仕事だった」(『立花隆のすべて』文藝春秋 1998年刊 p.93)

田中角栄研究ーその金脈と人脈』に『日本共産党の研究』『中核vs革マル』『宇宙からの帰還』『アメリカ性革命報告』『農協』『巨悪vs言論』『サル学の現在』『精神と物質(利根川進との対談)』『サイエンス・ナウ』『脳死』『人体再生』『臨死体験』『インターネットはグローバル・ブレイン』『天皇と東大』『滅びゆく国家 日本はどこへ向うのか』など数多くの著作、しかも政治・社会・文化ものから、スピリチャル、そしてサイエンスまで知を横断する旺盛な文筆活動してきた立花隆「文藝春秋」(1974年)での時の首相・田中角栄の金脈問題に対する綿密な取材の裏打ちは調査ジャーナリズムの嚆矢とされ、『日本共産党の研究』とともに日本のジャーナリズムの画期といわれています田中角栄退陣の契機に)
宇宙からの帰還 (中公文庫)

そんな立花隆がどうして関心を一気に宇宙へ、そしてサイエンスへ、さらには脳死臨死体験へと向けていったのか。<知の横断>といってしまえば、「伝記ステーション」/「Mind Tree」にとってはまったく身も蓋もありません。それは読者や他人から見てそうだとか、結果としてのことであって、本人からすれば横断ではなく「奥」か「底」へ行く感じだとおもいます。<知の横断>はなにも立花隆にかぎったことではありません。有名無名を問わず、そうした関心・好奇心の向き、有り様はこんにち決して例外的ではありません。ただ「日本共産党の研究」から「サル学の現在」「脳死」「天皇と東大」ときて、それをまた矢継ぎ早に発表していくとなるとなかなかできるものではありません。こう並べれば横一列のようにみえ、専門性が頑に尊ばれる日本においてはやはり例外的といえるでしょう。
<知の横断>という見方でなければ、立花隆はどうしてその様な多分野に探究心を向けていったのか(最先端分野に猪突猛進で新たなフィールドに突っ込んでいくので時に研究対象を捉え切れていない、事実誤認であると批判を受けることも多々あったが、それでも止むことなく動きつづけるのはそうした部分も含めて立花隆という人間の本質・根本にかかわるものなので)。ではそれをこれからみてみましょう。まず彼の”根っこ”、つまりは著作をいくら読んでもなかなかのぞけることのない”底”の部分に光をあててみます。
田中角栄研究—全記録 (上) (講談社文庫)

立花隆は、1940年昭和15年長崎県長崎市に生まれています。本名は橘隆志。立花でなく「橘」というのが彼の太い根の一つです。なぜか。長崎市生まれではありますが、父の郷里・茨城県水戸こそが重要になってくるからです。父方の従兄弟は、戦前の超国家主義者で農本思想家、「戦前の右翼思想家」の橘孝三郎大杉栄クロポトキンの影響を受ける。一高をすぐやめ水戸で農村青年のための塾ー愛郷塾をつくる。天皇主義がプラスされ、五.一五事件では塾生を率い東京の変電所を襲撃)です。つまり水戸という地には、尊王攘夷思想・愛国主義的な「水戸学」藤田東湖や会沢正志斎らが中軸)が興っています。橘隆志が1歳の幼少期から太平洋戦争敗戦まで北京に居たことは決して無縁なことではありません。
長崎で活水学院の教師だった父は、文部省職員となり中国における日本軍の占領地に建てられた北京師範学校の副校長となり(一家で中国・北京へ)、敗戦後は引き揚げ、母の郷里・茨城県那珂西に住み、次いで同県の父の郷里・茨城県水戸へ移り住んでいます。先祖はもともとは染物業の紺屋(こうや)で、そこから枝分かれした大きな材木屋は祖父の代で没落。立花隆は自身の若い頃からの放浪癖は、伯父(4人兄弟だった父の一番上の兄)の血筋を引いたのではないかと語っていますが、その伯父は最後には東京・三谷に辿りつき居着いています(隆志少年は”三谷のおじさん”と呼んでいた)
その後、父は全国出版協会の事務局に入り、機関紙「全国出版新聞」の編集長になっています(後の「読書タイムズ」になっても編集長続ける)。その後「読書新聞」と合併し「週間読書人」になった際に父は営業畑の専務へ。その一方、父は女学校の教師をしていた時分からずっと小説を書いていたといいます。小説家志望でした(隆志も大学時代、小説家にならんと志していた)
母は、羽仁もと子(日本人初の女性ジャーナリストで、東京・目白にある自由学園フランク・ロイド・ライト設計、「婦人之友」誌を創刊。また教会に属さない無教会のクリスチャンでもあった)の信奉者、クリスチャンでした(父も活水学園の教師になるため信仰をもつ必要からクリスチャンに)。橘家にとっては良妻賢母の鑑であり、水戸の女性たちの間では、「友之会」のボス的存在でもあったといいます。

「まず僕が読書を好きになったのは、環境の影響が大きいと思う。僕の父も母も文科系の人で文学を好んでいるし、それに加えて父の仕事が出版関係なので、自然に僕も本に多く接するようになった。また良く家で父母が文学の話をすることがあるが、僕には良く解らない事が多く、何かとり残されたような気がしてつまらない。そこで僕も本を読んでそれに関する知識を得ようという気が起こって来た。というようなことが、僕が読書をするようになった最大の理由と思われる」(『ぼくはこんな本を読んできた』文春文庫.p171)

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)
三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

隆志少年が意識的に「読書」をしはじめたのは小学校3年の時のことだったといいますが、小学校入学前には「童話」に夢中になっています。グリム童話アンデルセンイソップ物語アラビアンナイト小川未明坪田譲治で、小学校入学して以降は、『トム・ソーヤの冒険』や『ロビンソンクルーソー』『アンクルトムの小屋』『宝島』『ピノキオ』など童話から読み物へすでに移っていました。手にとった本はすべて家にあったものでした。小学校3年の時にあった変化は、家の内外にその要因がありました。まず家の内では、全集に手をつけだしています。『山本有三全集』でした(『志賀直哉全集』も読んだが面白くなかったという)。家の外とは、近所の人に江戸川乱歩の探偵小説を見せてもらったことで、それ以来、探偵小説から冒険小説、推理小説怪奇小説、捕物帳などに病み付きになっていったのです。ただその類のものは家になく貸本屋や友だちから借りたり、本屋で「立ち読み」するのが常でした。貸本屋では吉川英治の全集『太閤記』と『三国志』も借りて読んでいます(『三国志』のスケールの大きさに魅了される)。驚くのは本屋での「立ち読み」で、日曜日には午前中から水戸の川又書店に入り浸り、1、2冊読んだり、夕方までねばれば4、5冊読むこともあったといいます。『ぼくはこんな本を読んできた』(文春文庫)を見れば、『西遊記』から『フランダースの犬』『不思議の国のアリス』にシェイクスピア全集など次々に手をだしていっています。難しい箇所はそのままにしてとにかく最後まで読んでいったといいます(シェイクスピア全集などはとくに悲劇的結末に衝撃を受けたという)。夏目漱石の『坊ちゃん』や『我が輩は猫である』は親戚の家で読んだという。

キュリー夫人伝

そしてその1年後の小学4年になり隆志少年の「読書空間」は一気に拡大するのです。それは「図書館」を知ったからでした。この「図書館」で隆志少年は初めて理系の本と出会います。大作の『キュリー夫人伝』でした(娘のエーヴ・キュリー著)。この1冊こそ隆志少年が将来にわたって「科学」に興味をもたせた確かな嚆矢の一つでした。それがきっかけとなり大人向けの『現代科学物語』(2巻本:竹内均著)を読み出し、小学生時代の読書体験の中でもっとも強烈な印象を受けた本になるのでした。物質を細分していくと原子になる、そのことを知った隆志少年は仰天したといいます。この『現代科学物語』と同様、『ぼくはこんな本を読んできた』には出て来ない話ですが、『キュリー夫人伝』や『現代科学物語』に関心を持つ最初のきっかけはどうも小学校低学年の時に読んだ『エジソン伝』だったようです。『立花隆のすべて』に、立ち読みばかりしていた自分がどうしても買って欲しいとねだった本だったという話がでてくるからです。
『ぼくはこんな本を読んできた』だけを参照すると、上述の様にヴォリュームも内容も濃い『キュリー夫人伝』がきっかけで理系の世界の扉が初めて開かれた様に描かれていますが、やはり小学生が突如、理科系の大作や大人向け科学読本に手をのばすことはなかったわけです。しかも『子供の科学』誌を定期購読していて当時の定番ではあるものの「鉱石ラジオ」や「手製の望遠鏡」づくりにも熱中していたようです。そうした知的好奇心に、大部の『キュリー夫人伝』や大人向けの『現代科学物語』が接続されていったとみるのがふつうでしょう。この理科系への関心は、家庭環境に理科系への関心を伸ばす要因はほとんどなかったことから、積み重ねられた「読書」体験こそが、その土壌となったようです。高校一年までは理科系へ行くつもりでいたというのも、その読書体験の強烈さゆえでした。しかしこの後に、隆志少年に思わぬことが起こるのです。
▶(2)に続く-未

◉Art Bird Books Website「伝記ステーション」へ
http://artbirdbook.com
▶「人はどのように成長するのかーMind Treeブログ」へ
  http://d.hatena.ne.jp/syncrokun2/

立花隆のすべて

ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術 (文春文庫)

二十歳の君へ—16のインタビューと立花隆の特別講義

精神と物質—分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか (文春文庫)
精神と物質—分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか (文春文庫)

日本共産党の研究(一) (講談社文庫)

証言・臨死体験 (文春文庫)