美術家だった父・岡本唐貴は、「日本プロレタリア美術家同盟」に参加、三平が誕生した時、特高警察に検挙、投獄中。若き黒澤明に絵を教える。警察の監視から逃れ被差別部落や在日朝鮮人集落周辺に住む。長野・真田村への疎開。そこで村の記憶である真田一族の歴史を知る。「赤本」や「立川文庫」を読む。『カムイ伝』の原点の自然を知る

白土三平論

「優れた芸術家の生涯を眺めていくと、その人物を形成してきたものが本人の一代だけの努力と習練だけではなく、先行する世代から長い時間を通して蓄積されてきた知的・芸術的体験であることが、しばしば理解されてくるときがある。芸術家を父親とした息子や娘が、幼少期より薫陶を受け、長じて芸術家として大成するといった事例は、古今東西枚挙に暇がない。能楽観阿弥の後を継いだ世阿弥から、画家オーギュスト・ルノワールを父とした映画監督ジャン・ルノワール岡本かの子を母とした岡本太郎まで、われわれはいくらでもその例をあげることができる」(『白土三平論』四方田犬彦著 作品社 2004年 p.17)


白土三平といえば、『カムイ伝』『サスケ』『忍者武芸帳影丸伝』がすぐに思い出される。月刊漫画『ガロ』もまたそうだろう。私自身も少年時代、マンガやテレビアニメでずいぶんとお世話になった。今でも「サスケ」のTV主題歌は記憶に残り、時折、口に出てくる。が、原作者の白土三平はどんな人間で、白土漫画がどのように生み出されたか、といったことはほとんど知る機会がなかった。戦後10代で紙芝居作家となり、『忍者武芸帳影丸伝』が「貸本マンガの金字塔」だったこと、『カムイ伝』と『カムイ外伝』を含め、なんと37年がかりで描き継がれ、しかも依然未完であることなども知らなかった。つく加えれば、月刊漫画『ガロ』青林堂もまた事実上、白土三平が自己資金で創刊(1964年)したものだった(編集長・長井勝一ではなかったのか? 
『ガロ』刊行以前、足立文庫という貸本屋向けの卸を営みつつ、神保町に貸本マンガを出版する日本漫画社を立ち上げたばかりの長井勝一に、白土三平が作品を持ち込み買い取られている。長井勝一は貸本で仕入れていた白土マンガ『こがらし剣士』を読んで興味を持っていた。それが接点となり長井勝一白土三平初の長編マンガ『甲賀武芸帳』を出版。2人は月刊漫画『ガロ』刊行になだれ込んでいく)。

「ガロを創刊するあたりの経緯は、今でも謎だね。よく、できたなぁと思う。大手出版社の雑誌で仕事を始めたけど、やってるうちに話が壊れていく。それなら雑誌を作ってしまおうか、と自然発生的に思いついた。損だの得だのは関係ないんですよ。自分と同じような気持ちの仲間がいるだろう、そういう若い人たちの発表の場ができたらいいなぁ。そういう話を長井勝一さんとしていた。それにしても、いざ雑誌創刊の話を持ってこられて、それに乗った長井さんも不思議な人ですよ。普通ならビビる。俺も長井さんも暢気というか楽天的だったんだね」(『白土三平カムイ伝の真実』毛利甚八小学館 2011年 p.110 : 白土三平へのインタビュー)<<

白土三平伝-カムイ伝の真実

実際、雑誌名「ガロ」も、白土三平の「忍法秘話」の忍者名であり(我々の道を行くという「我道」という意味合いと、アメリカのマフィアの名前のイメージも込められたという)青林堂から出版されたものの制作は白土三平の制作会社・赤目プロダクションだった(『カムイ伝』の掲載は創刊号に間に合わず、旧短篇が採録されている)。これに刺激を受けた手塚治虫は、雑誌『COM』を自ら創刊、ライフワーク『火の鳥』もまた、白土三平のライフワーク『カムイ伝』への対抗心からだったといいます。「手塚治虫にとって白土三平は最大のライバルだった」といいます夏目房之介の言葉/『白土三平カムイ伝の真実』毛利甚八著p.10) 。もっとも白土三平の方は、戦後の闇市時代の昭和22年頃、手塚治虫の「赤本」マンガを貪り読んでいます(獲ったカブトムシと手塚マンガを交換した。『甲賀武芸帳』や『サスケ』『ワタリ』など白土初期マンガには手塚治虫の影響が濃いといわれる。『白土三平伝ーカムイ伝の真実』)

岡本唐貴自伝的回想画集 (1983年)
岡本唐貴自伝的回想画集 (1983年)


ともあれ戦後日本マンガの始祖とも呼ばれる天才・手塚治虫がライバル視した白土三平にはどんなライフ・ヒストリーがあるのか。そして1960年代後半の学生運動とシンクロしていった『カムイ伝』は一体どのように生み出されていったのでしょう。ライフワーク『カムイ伝』は白土三平の”魂の土壌”から生み出されていたものだったことがみえてきますが、冒頭に上げた一文のように、それは白土三平一代の”魂の土壌”ではありませんでした。そこは日本左翼美術史のなかの重要人物・岡本唐貴の”魂の土壌”でもあったのです。「岡本唐貴」とは、白土三平の父でした。

白土三平は昭和6年(1932年)、2月15日に、東京杉並で長男として生まれています。本名は、「岡本登」です。南画や西洋画の研究から独自の画報を生み出し蘭学のリーダー的存在だった渡辺(華山)登に因んでつけられたもの。まずは父・岡本唐貴について少したずねてみます。岡本唐貴(本名・岡本登喜男)は岡山県浅口郡連島町(現・倉敷市に生まれています。生家は地主でしたが、岡本唐貴の父白土三平の祖父)には放浪癖があり、家の相続も嫌い転居を繰り返した挙げ句、商売にも失敗。古本屋をはじめたものの脳卒中で急死しています。その時、岡本唐貴16歳。残された古本を読み漁った唐貴は、ボードレールの『悪の華』など文学と芸術に強い関心を抱き、同時に当時の米騒動労働争議から社会的不正義への怒りを覚えていきます。

岡本唐貴は80歳の時に「自伝的回想画集」を刊行しています。そのなかの「自伝走り書き」によれば、17歳の時1920年、画家を目指し東京へ。翌年、中央美術展に入選。同年に東京美術学校(現・東京芸大の彫塑科入学。2年後に二科展入選。文学者からアナキスト、社会労働家たちと交際。二科会内の急進グループ「アクション」に参加。三科造形美術協会の結成に、つづいてグループ造型の結成に参加。全日本無産者芸術連盟(ナップ)を改組した日本プロレタリア美術家同盟(ヤップ)の結成に参加。その年に後に映画監督になる黒澤明に絵を教えています。日本プロレタリア文化連盟(コップ)が成立。「第2回プロレタリア美術大展覧会」ポスターを、雑誌「戦旗」「東京パック」に挿絵を描いています。

日本プロレタリア美術史 (1967年)
日本プロレタリア美術史 (1967年)


息子・登(三平)が誕生した年、特高に検挙・投獄されています。特高警察の拷問から脊椎カリエスを発症(力仕事ができなくなる)。その翌年に、小林多喜二の死顔を描いています。現実会の結成、日本美術会の結成に参加。1943年に共産党入党(1958年離党)。そしてキリコらイタリアの形而上派やキュビズムの影響を受け、絵画の形式の否定への関心。ダダイズムに接近。後の作家、劇作家で演出家の村山知義と論争し友好を築きます。アナキズムダダイズムブルジョワ芸術の限界とみた岡本唐貴は、「人間集団主義による健康性に根差した絵画の復活」を求め、モニュメンタリズムの運動を提唱。東京都美術館で見ることができる「丘の上の2人の女」はその時のものです(日本という出自と西欧的近代の前衛精神の間に引き裂かれた画家の自我がみられるといわれている)。岡本唐貴は次第に左傾化。1928年に「ソシアル・リアリズム」という論文を発表。新しいリアリズムには社会主義が導入されなければならないと主張。1929年、ナップの下部組織として、「日本プロレタリア美術家同盟」が結成され、岡本唐貴は委員として活躍。この頃、19歳の黒澤明が、岡本唐貴のもとで絵画の手ほどきを受けたといわれています。

忍者武芸帳影丸伝 1 復刻版 (レアミクス コミックス)
忍者武芸帳影丸伝 1 復刻版 (レアミクス コミックス)

唐貴は画家を志していた相馬きみと結婚。岡本一家は、特攻警察の監視を逃れ、三平が2歳(1934年)から5歳まで、大阪と神戸を流転しています。闘病生活にあえぎながらも唐貴は関西のプロレタリア美術運動を再編成しようと企てていますので筋金入りです。しかし警察から目をつけられた一家が借りられる借家は限られ、被差別部落在日朝鮮人集落周辺へ。差別や貧富について闘っていた唐貴からすれば願うところ。三平は昭和10年(4歳)には大阪・生野で在日朝鮮人集落の風景を見、長屋で暮らした大阪・小曽根村長島(現・豊中市)でも強烈な記憶を刻んでいるようです。その地で父の友人で在日朝鮮人の鏡職人の男性が、拷問で身体を痛めた父の代わりに亀をとったりして遊んでくれた記憶を三平は深く刻んでいます。三平の心の裡で、被差別部落在日朝鮮人集落の人々は仲間として隣人となったのでした。三平は少年時代、「動物学者」に憧れたのもまだ自然が残っていた小曽根村長島での体験からでしたし、後に『シートン動物記』をマンガ化したり、『カムイ伝』での自然な動物描写の原体験もここにあるようです。



以降、東京と関西を行ったり来たりしていた岡本一家は、12歳の時(当時中学1年。戦中の1944年)、長野・別所温泉近くの八木沢に縁故疎開。その年暮れに山に囲まれた一軒屋の借家を見つけ引っ越した先が長村(現・上田市真田町)でした。三平はこの真田村で農業と自然に依拠した古い生き方を体感しています。三平は学校の友人と一緒に、父が手に入れてきた『キノコ図鑑』を持って、村人にならって山にわけ入りキノコを識別、採集、保存方法を学んだのでした(『甲賀武芸帳』に始まる三平の後にまでつづくキノコへの愛着はこの時から)。野山を飛び交う小動物たちもまた、白土漫画に常々描かれます。それは自然の過酷さと人間社会のメタファーでもあったようです。学校では軍事訓練に報国隊の勤労動員(食料増産や軍需工場)、家では山仕事に力仕事。掘り起こした松の根は、厳冬を乗り切る燃料に。山菜採りにイワナの手づかみ漁は、人間の「狩猟採集本能」を甦えらせるほどです。
カムイ伝全集―決定版 (第1部1) (ビッグコミックススペシャル)
カムイ伝全集―決定版 (第1部1) (ビッグコミックススペシャル)

「自然のなかで飢えを切り抜けながら大人になるという通過儀礼」、これこそ三平少年が自然に溢れた真田村で体験でした。ただ東京からのただ一人の転校生であったここと、父親が政治的「アカ」であることを教師や軍事教練を教える軍人にさとられては危険だということで、かなり孤立感があったようです。ところが学校にいた軍人の一人が、威張り散らすばかりの教師と異なり、運命に対する清冽な覚悟をもったその姿が、三平少年を魅了するのです。白土三平ペンネームの「白土」とは、なんとその軍人の名前「白土牛之助」に因んだのでした。
そしてこの真田村(長村)とは、戦国武将の「真田幸村」とその側近の忍者たちをめぐる歴史的物語に満ちた土地。一家の家からそれほど遠くない山の中腹に真田信綱を祀る信綱神社があっただけでなく、三平が通学していた中学校(現・松代高校/移転前の場所。明治維新の先駆者佐久間象山や日本初の新劇女優松井須磨子富岡製糸場での日々を綴った『富岡日記』の著者和田英は、松代高校出身者。松代町松代藩真田十万石の城下町)は、いにしえには真田幸村城址でした。豊臣方につき逆境の運命を生きることになった真田一族の記憶は村のいたるところにあったそうです。三平は友だちの雑貨屋にあった「赤本」や「立川文庫」を読んで、真田一族や忍者の物語に親しんでいます。後に白土三平が、『真田剣流』や猿飛佐助ら真田十勇士の物語を描く原体験が、この地にありました。当時、真田村から千曲川を越え、塩田あたりの農村には、おそらく『カムイ伝』に描き込まれることになった、江戸時代からほとんど姿を変えていない集落がまだ多く残っていたのでした。
▶(2)に続く-未

◉Art Bird Books Website「伝記ステーション」へ
http://artbirdbook.com
▶「人はどのように成長するのかーMind Treeブログ」へ
  http://d.hatena.ne.jp/syncrokun2/